ON THE ROAD~プチひきこもりの明日に架ける橋

バツ2の私が経験を元に、色々綴っています

人間交差点「給料1カ月分する指輪をプレゼントされても満たされず、それ以上の愛を渇望する主婦・友達A」

スポンサーリンク

f:id:bluesky-18-tt:20200126182455j:plain

 

私が今まで出くわした人達の中で、その生き方が奇抜で

印象深く脳裏に焼き付いて離れない人々について綴ってきているこのコーナー。

今回は、☟前にも取り上げた主婦の友達Aについて

その続きがあるので、再度したためてみる事にしました。

 

www.bluesky18-tt.work

 

まずは、おさらいで、彼女は☟こんな女性。

  • 結婚していて男の子2人の母親
  • 夫とは恋愛感情は抜きで打算で結婚
  • 美に関して執着心が強くて、自分磨きを怠らない(ネイルサロン・マツエクサロン・シミやそばかす除去や脱毛のためエステ通いして美をキープ)
  • 和風美人
  • 家庭的で世話焼き
  • 一見クールに見える
  • 情熱的
  • 夢見がち
  • 36歳の頃から婚外恋愛に芽生え、16年間、絶え間なく彼氏を作り続ける

 

そして、彼氏にする条件が☟こんな人。

  • 30代じゃなきゃNG
  • 肌が綺麗じゃなきゃNG
  • 身長が170以上ないとNG
  • 細マッチョじゃなきゃNG
  • 男としての色気がないとNG

 

f:id:bluesky-18-tt:20200126203800g:plain

 

今の彼氏が何番目の彼氏だったかは、もう数えきれないのでわからないですが

「今まで、こういう人を求めていたんだ!」という人に、やっと巡り合えて

友達Aも満たされて、2~3カ月は順調にいっていたんです。

ちなみに彼は36歳で独身

 

それが徐々に、友達Aの中で

気持ちの温度差を感じられてしまうように思える出来事が増えていき

前回の記事でも触れましたが…。

その彼が友達Aに色々してくれているにも関わらず

彼の置かれている状況や都合など考えてあげるしまもなく

毎日LINEをくれないから愛が冷めたんじゃないか?とか

自分の言った事を、うろ覚えで聞いているから

自分の事なんて、どうでもよくなってきちゃったんじゃないか?っと

自分で勝手に彼の愛情を計っては、落ち込んだりしてたんです。

 

そんな中、去年の暮れ、クリスマスに会う事も出来たようで

その際に、彼は「君には、いいモノを身に付けていて欲しいんだ」

っと言って給料1カ月分する指輪をプレゼントしてくれたようで

友達Aも凄く喜んでいたんです。

それを聞いて、私も友達Aに

「愛がなきゃ、ここまでお金かけてプレゼントなんてしてくれないよ。

Aちゃんの事を想ってくれている証拠じゃない!

ちゃんと彼の事を信じてあげなきゃ、彼が可哀想だよ」

っと伝えたんですよ。

そこで友達Aも、彼の愛情を確かめる事が出来たようで

一度は納得して不安感も和らいだんですけれどね。

 

なのにね…。

 

大晦日に一緒に年越しする予定で

彼と一晩過ごす約束してたようだったんですけれど

彼の方がインフルエンザにかかってしまって会う事が出来ず

代わりにLINEで長々とお喋りして

一応、共に年越し出来たので、それについても喜んでいたはずなのに…。

 

元日の昼頃、私とメッセージしてたら

「彼から、まだ【あけおめ】のメッセージがこないのよ」っと

またしても、彼の気持ちを疑っていたんですΣ(- -ノ)ノ マヂっすヵッ!?

それに対して私は

「いやいや、数時間前まで、ずっとLINEでやり取りしてて

一緒に年越しもしたんだし、その時点で年明けを祝ってるだろうし

彼だって、しつこく、あけおめメッセージなんてしてこないでしょう。」

って言ったんですがね。

 

友達Aとしては、それとこれとは別で

「改めて【あけおめメール】を送るのが礼儀だと思うんだよね」と言い出し

私としては「そもそも男性は【あけおめメール】を送る習慣ってなくて

送られてきたら返すって感じじゃないのかな?」っと伝えたんですよ。

 

すると友達Aは、彼の行動をあれこれ想像しては

スマホを手にする時間はあるだろうし

他の人からメッセージがくる事もあるだろう

その際に、自分に何かメッセージしてこないのは

おかしいと言う考えになったようなんです。

 

私からしたら、友達Aは、まるでストーカーのごとく

彼の行動を読んでばかりいて

有りもしない事まで勝手に想像を膨らませて

勝手に悩んで落ち込んでいるように思えたので

その旨を伝えながら

「それじゃ、彼が窮屈になるし、Aちゃん自身も苦しくなるだけだから

彼の事ばかり考えていないで、気持ちを分散できるように

他に夢中になれるものも見つけた方がいいよ」

っとアドバスしたんです。

 

するとその一言で、友達Aも自分が彼の行動を読みすぎていた事に気付いて

またしても「こんなんじゃ、いつか彼に嫌われちゃうね」

っと反省してはいたんですよ。

 

でもね。

いっつも、それを繰り返しているので

また次も何か折に触れて不信感が芽生えてきて

悩まなくても良い事で悩み始めるんだろうなと思います。

 

しかし…給料1カ月分の指輪をプレゼントしてもらっていても

満足できないで、もっと愛情表現して欲しいと望んでしまうのって

何でなのかなぁ?っと感じるんですよねぇ( ̄ー ̄?).....??

 

友達Aのところも、子供達が寮生活するために家から出ていって

夫婦2人だけの生活になったようですが

旦那さんは夕飯を済ませると、いつも自分の部屋に籠ってしまうようで

友達Aもポツンと1人になってしまう時間があるようで

そういった時間が寂しかったりするのかもしれないですね。

 

私が溺愛しているノアの話をするたび、友達Aは

「私も犬か猫でも飼おうかなぁって思うんだぁ」って言っていました。

 

その話を、うちの娘に話したら

「そんな飼い主に飼われたら犬も猫も可哀想だ。

どうせ、男優先になって、男と上手くいってる時は

ペットの事なんて忘れちゃうんだから」

っと厳しい意見を言っていました( ̄▽ ̄;)

 

友達Aを見ていると、何をしてもらっても満たされないで求め続けるばかりで

本当に大切な事に気付けずにいて気の毒だなと感じます。

そこまで愛に飢えてしまうのって、どうしてなんでしょうかねぇ…。

 

完璧な愛なんて、ほとんど無いと思うんですけれど

それでも、おとぎの国に出てくる王子様を探しているのか?

そうだとしたら、友達Aは

死ぬまで渇望し続けていくのだろうか?と思った出来事でした。

 

f:id:bluesky-18-tt:20200126203911j:plain