ON THE ROAD~プチひきこもりの明日に架ける橋

バツ2の私が経験を元に、色々綴っています

人間交差点「とある工場を経営している会社の後継者であるドラ息子Aが、とても残念な話」

スポンサーリンク

f:id:bluesky-18-tt:20191114185139j:plain

 

私を取り巻く様々な人間模様について綴ってきているこのコーナー。

これまでに登場したのは

  • ホリエモンを崇拝する少年
  • 打算だらけで利己的に生きていた魔性の女
  • 見栄っ張りなだけで夜逃げした工務店の社長
  • 悪い男に操られて店の売上金を盗もうとした少女
  • 人を狂気に陥れる悪魔のようなジュエリーショップの女店長
  • 仕事面では尊敬できたけれど女性関係で問題がありすぎた元上司
  • 長期に渡る婚外恋愛中毒で、相手が変われど毎度同じように気持ちの温度差に悩み続ける友人

 

っという、なかなか個性豊かでアクの強いタイプの人達でした。

 

www.bluesky18-tt.work

 

そして今回は

数年前に私が勤務していた、金属製品を化学処理する工場を経営している

その会社の後継者でもある社長のドラ息子Aについて。

 

私は二度目の離婚をした後、1カ月くらいしてから

その会社に勤務し始めたんですけれどね。

 

その会社というのは、初代社長=会長が遠い昔に立ち上げた会社で

その後、会長の娘婿である夫が、社長を引き継ぎ運営してた会社でした。

こんな不景気なご時世でも春・夏・冬と

パートさん達にも、3回ボーナスを支給できていた会社でもあったので

突然、外部からやってきた婿さん社長と言えども敏腕だったんでしょう。

 

ただ、長年勤務しているパートさん達の権力の方が社員さん達よりも上

社内ルールは、全てパートさん達が取り決めをし、仕切っていて

特に四天王と呼ばれる古株の女性4名

人事までも動かしており、自分達の好き嫌いという感情だけで

圧倒的に幅を利かせて支配している会社でもありました。

 

仕事を進めて行く上でも

社員さん達が製品の化学処理をするのが最終工程であり

その処理をするのに必要な前工程をパートさん達が担当していたのですが

その工程を済ませないと、社員さん達が処理する業務を行えないので

パートさん達を怒らせると、仕事がストップしてしまうということもあり

社員さん達は、いつも「四天王4人」に、ご機嫌取りをしていたんです。

 

まるで、女帝王国みたいな感じでしたね(笑)

 

社員さん達の中に、パートさん達がやっている業務を

誰1人として代行出来る人がいなかったというのがネックでした。

その業務は、かなり特殊な技術を必要とする業務なので

「四天王4人」の技術を上回る社員さんがいなかった訳です。

なので、言いなりになるしかないという( ̄へ ̄|||) ウーム

 

そんな会社でしたが、私が勤務してから半年ほど経った頃だったかな?

社長のドラ息子Aが、入社してくる事になったんです。

大学を卒業して、すぐに親の会社に就職しちゃうというのも

世間知らずのお坊ちゃまのままで大丈夫なのか?

っという声も密かにあがっていました(¬¬;)ぇマジ?!

普通は、よその会社に就職させて修行させて経験を積ませますよね?

甘いなぁーって感じちゃいましたよ。

 

ドラ息子Aは小さい頃に、会社に遊びに来たりしていたようで

高齢の社員さんの中には「坊ちゃん。坊ちゃん」と言って

甘やかしている人達もいて

ドラ息子Aを本気で叱ったりする人もいないので

そんな環境下じゃ、ドラ息子Aも何も学習しないですよね。

まぁ、「四天王4人」にはペコペコしてたようでしたけれど。

 

一応、社長もドラ息子Aを厳しく指導していくという体裁もあって

比較的、過酷な作業をする業務に就かせてはいました。

 

で、私はドラ息子Aとの接点は、特になかったんです。

歳も親子くらい離れていましたし、挨拶をする程度で

あとは私は喫煙者なので、会社の休み時間に喫煙所で会った際に

ちょっとした世間話をするくらいだったんですよ。

 

そして月日は流れて、私には持病があり、その業務を続けて行くには

体にかかる負担が大きくなってきてしまったので

その会社を辞めたんです。

 

f:id:bluesky-18-tt:20191114210904g:plain

 

すると、それから1年くらい経った頃に、そのドラ息子Aが

Facebookの友達の友達繋がりで、私を見つけたようで

Facebookのメッセンジャーを使って

いきなり「今度、青空さんの家に遊びに行ってもいいですか?」

っと、私にメッセージをよこしてきたんです。

 

そんなメッセージがきて意味不明で…。

( ̄ー ̄?).....?? ( ̄ー ̄?).....?? ( ̄ー ̄?).....??

特に親しい関係でもなかったよね?

何で、いきなり家に遊びに来たがるわけ??っと言う感じだったんです。

なので

「いや、そんなことを言われても、いきなり家って無理じゃないですか?」

っと答えると

「実は彼女と別れたばかりで寂しくて仕方ないので

青空さん、僕を慰めて下さい。そして一度で良いので抱かせて下さい」

だなんてことを、ほざいてきたんですΣ(- -ノ)ノ

 

いやいやいやいや、それこそ無理でしょー。

人を何だと思ってるんじゃーい!!っと言う事で

その旨を伝えて断ったんです(怒`・ω・´)ムキッ

 

すると

「やっぱり駄目ですかね?青空さんが会社に居る頃から

ずっと、一度お願いしたいと思っていたんです」

と、ぬかしやがった!

そんな目で見られていたんだと、勤務時代の頃を振り返ったら

キモイ!キモイ!キモーーイ!!という感情しか湧かず

「そんなこと言い続けるようなら

今でも他のパートさん達とは繋がってるのでバラしますよ!」

っと脅かしてみたら、簡単に引き下がってくれたんですけれどね。

 

それで安心したと思っていたら…

忘れた頃になると

またメッセージをよこしてきて、同じ事を言ってくるんです。

ここには書けないようなエロ話もしてきたりしてね。

 

なので、その都度、断って一旦は諦めて引くのに

また、しばらくすると同じメッセージをよこしてくるという。

懲りない奴なんですよね。

 

でもね。会社が近くにあるもので

こちらも、まだその会社に勤務してるパートさん達とは

買い物に行った際などにも出くわす事もあるので

会社の事情を小耳に挟む機会もあるんですよ。

 

で、ある時

ドラ息子Aが1年ほど前に結婚した事や

社長が鬱病になってしまったということで

そのドラ息子Aが、社長代行を務めてるという情報を入手したんです。

 

また、ドラ息子Aからメッセージがきた時には

「私は何でも知ってるぞ。いつでもパートさん達にバラせるんだからな」

っと言える良いネタを入手できたなっと思いました(*^日^*)

 

そしたら案の定、またドラ息子Aからメッセージがきたわけですが。

しかも、こないだの台風19号が上陸した荒れた日の夜にですよ(笑)

こんな台風の夜に、あんた何してんの?って思いましたけれどね。

 

また、いつものように同じことを言ってくるので

「Aさん、結婚されたみたいじゃないですかぁ。

社長も病気で会社に出れないみたいですよね。

Aさんが社長代行してるようじゃないですか。

そういう立場になった人が

こんなメッセージなんて送ってくるもんじゃないですよ」

っと伝えてみたら

何でそこまで知ってるのか?っと驚いていました( ̄∀ ̄*)イヒッ

 

「それだけ、お喋りなパートさん達が沢山いるんだから

変な噂も流されるんだから、いい加減やめなさい」

っと脅かしたら、パートさん達の威力は凄いと感じたようで

また引き下がっていきました。

 

それにしても、会社では

体育会系でハキハキしてる好青年というイメージで通っていましたけれど

裏では、こんなことしてくるんですからねぇ。

しかも、辞めたパートに対してエロメッセージを送ってくるだなんて

ホント、ドラ息子だなっと思いましたよ(。-`ω´-)

 

そんな人が後継者だなんて、会社の行く末が目に浮かんできます。

もともと、初代社長の奥様=ドラ息子Aの祖母からは

「Aが会社を継ぐようになったら、この会社は潰れる」

っと言われているようだったので

それだけの器もない人間なんでしょうねぇ。

 

おそらく、また忘れた頃に懲りずにメッセージしてくるでしょうけれど

周囲に、こんなメッセージを送っていることがバレるのを

恐れているビビリさんでもあるので

適当にあしらっておこうと思っています(´^д^`)

 

しかし、どうしょもないドラ息子だなぁっと思いますが

会社の事務を担っているドラ息子Aの母親(私と同じ歳くらい)は何も知らず

ドラ息子Aは、誠実で純朴で可愛い子だと信じ切っているのが気の毒です⤵

 

っということで

今回は以前勤務していた会社の社長のドラ息子のお話でした(´-ω-`;)ゞポリポリ

 

では、また(o'∀'o)ノ★゚。+。☆

 

 

f:id:bluesky-18-tt:20191114210904g:plain