ON THE ROAD~プチひきこもりの明日に架ける橋

バツ2の私が経験を元に、色々綴っています

自身が電磁波過敏症ゆえに気になってしまった記事「Wifiやスマホの電磁波が生物に与える影響」

f:id:bluesky-18-tt:20190605193803p:plain

 

今日、Facebookのタイムラインを何気なく見ていたら

友達で繋がっている人が↓こんな記事をシェアしてたので

気になって見入ってしまったんですけれどね。

 

ameblo.jp

 

内容をザックリまとめると↓このような内容。

 

デンマークのユトランドにある学校で、少女のグループが実体験に基づいた好奇心からある生物学の実験を行いました。

 

学生の一人、リーア・ニールセンさんの説明:
「携帯電話を頭の近くに置いて寝ている場合に、学校で集中することが難しく、さらに寝つきが悪くなることがあると私たち全員が感じていました」

みんなが同じ経験をしているところから好奇心を持った少女のグループは、WiFiの電磁放射線が生体細胞に与える影響を調査するための実験を考え出しました。

 

その実験内容↓

・400粒のクレスの種子を、12個のトレイに分けて蒔きました。

・2つの部屋にトレイをそれぞれ6個ずつ配置。

・2つの部屋は温度が同じで、それぞれのトレイには実験期間全体を通して同量の水と日光が与えられました。

・一つの部屋ではWiFiルーターの横に種子の乗せられたトレイが置かれ、それだけが二つの部屋の唯一の違いでした。

 

※WiFiルーターからは、携帯電話から放出されているのと同じタイプの電磁波が出ているため、この実験でルーターを使用することで、携帯電話を頭の横のテーブルに置いて寝た場合の影響を再現したことになります。

 

その結果↓

★ルーターのない部屋に置かれたトレイ
・クレスの種子は健康的に成長していた。

★ルーターのある部屋に置かれたトレイ
・種子はまったく育っていなかった。
・さらに一部の種子には変異したり、完全に乾燥しきっていたものもみられた。

 

 

この実験結果を見ていても 

電磁波の影響って怖いなって感じますよね(>_<)💦

以前からも、時折、問題視されてはいることですけれど

なるべく頭の近くにスマホは置かない方が良いですね。

 

 

でもなぜ、この記事がそんなに気になってしまったかと言うと

私が2年くらい前に経理の事務の仕事をしていた時に

肩凝りと首凝りを悪化させてしまい

その際に脊髄を刺激してしまって

原因は、よくわかっていないんですけれど

それ以降「電磁波過敏症」になってしまったからなんです。

 

 

※電磁波過敏症についての詳細は↓こちら

ja.wikipedia.org

 

 

発症するに至るまでの経緯というのは…。

 

当時、仕事内容が経理ということもあり

請求書と入金票との照合であったり

他の伝票などの細かい数字をチェックする作業も続いたため

下を向き続ける時間が長かったことや

パソコンの入力業務も多かったこともあり

1日中、同じ姿勢が続く日々が何カ月も続いていたんですね。

 

 

そういった日々が続く中で

最初は、左肩の肩凝りから始まったんですけれど

それが徐々に首凝りに繋がっていき

最終的には、首が動かせなくなり

寝ようとしても、枕に頭をつけると首に激痛が走って

寝ることも出来ない状態に陥ってしまったんです。

 

そんな症状が出てきたのと同時に

手足が痺れ続けて、体全体の動きもおかしくなっていき

肩が外れた感覚になったり、腰が抜けた感覚になったりしたんです。

 

 

それ以外にも、パソコンやスマホを長時間使っていると

めまいがしたり、皮膚がチクチクしたり、頭痛がしたり

酷い時は全身が痛くなってしまって

とても使い続けていられない状態になってしまったんです。

 

電子レンジの前にいると、地震が起きてるのか?

っと思うくらい自分自身が揺れていたり

床が斜めになっているんじゃないか?

っと感じてしまうくらい平行感覚のバランスも取れない状態でした。

 

 

あまりにも辛い症状だったので

初めは整形外科を受診してレントゲンを撮ったりしたんですけれど

その結果

もともと、私の首の骨の造りが逆反りになっていたようで

通常は首の骨はS字に曲線を描くように形成されているんですけれど)

そのため下を向き続けたりすると、首に負荷がかりすぎてしまうようで

それが首凝りを悪化させる原因にもなっていたようでした。

 

でも、レントゲンだけでは神経に、どう影響しているのかわからないとのことで

脳外科を受診することを勧められて、脳外科を受診して首のMRI撮ったんです。

すると、首の骨が脊髄の神経を圧迫していたようで

そのため、手足が痺れたり

全身の神経の働きがおかしくなってしまっていたようなんです

 

一度、脊髄の神経を刺激すると完治するのは難しいようなので

痛み止めや敏感に反応してしまう神経を抑える薬を飲み続けているんですけれどね。

 

でも、首の痛みなどは抑えることは出来たんですけれど

どうしても電磁波による体の不調だけは

どうにも対処する方法がなくてね

医学でも、まだハッキリ解明されていない分野でもあるので

医師も何とも言えないみたいで…💦

そこが厄介だったりしています。

 

 

もう自分では、仕方ないと諦めて気にしないようにして

そこは自己管理で、電磁波を浴びていて体が痛くなったら

電磁波から離れるようにして回避するしかない状態です。

電磁波防止グッズなども、色々試してみましたが

ほとんど効果なかったです。

 

 

でも、↑上記で取り上げた記事の内容を見ていると

電磁波が人体や生物の細胞を蝕んでいたりして

何かしら影響を与えているのは確かなんだろうなっと

今日、改めて感じたりしたんです。

 

私の場合、脊髄の神経を刺激したことで

免疫力などが低下して

電磁波に敏感に反応してしまうようになったのかもしれませんが

目には見えない危険が電磁波にはあると思うんですよね。

 

そんなことを、アレコレ考えた1日でした。