スポンサーリンク

ON THE ROAD~プチひきこもりの明日に架ける橋

バツ2の私が経験を元に、色々綴っています

スポンサーリンク

去年の末にテイチクエンタテイメントからメジャーデビューした同級生のバンド【FIX】

スポンサーリンク

 

音楽関連の記事が続いちゃうけど…。

今日は高校時代の同級生が、長年の夢を叶えた話を書こうと思ってね。

 

その同級生はT君と言って

T君は、高校1年生の時にクラスメートになった友達の影響を受けて

バンドに興味を持ち始めて、エレキギターを練習して弾くようになったんです。

 

そして3年生の時には、そのバンドで

文化祭のステージに立って、演奏を披露したりもしててね。

 

学校以外でも市民会館とかでも

他のバンドの人達と合同ライブを開催してたりもしたんですよ。

 

そんな風に、音楽が好きな人でした。

 

 

当初は、バンドのリーダーだった人が

T君にギターを教えたり、音楽の魅力を伝授してあげてたわけなんですけど

高校を卒業すると、そのリーダーもバンドのメンバーも、普通に就職をして

段々と音楽から遠のいてしまったんです。

 

でも

そういった中で、T君だけはずっと音楽を続けていました。

 

それは、その後、何年経っても

風の噂で「T君は、未だに音楽を続けているみたいだよ」

っと耳に入ってきていました。

 

音楽で食べていくのって、ホントに大変なことだと思うんですよ。

でも、T君が、それでも続けてこれたのって

やっぱり、とことん音楽が好きだから

ただ、それだけなんだろうなって感じていました。

 

売れたい!ヒットしたい!という欲望や打算だけじゃ

思うようにならなくて、きっと途中でめげてやめてしまいますよね。

「ただ、好きなだけ」

そういう気持ちが、根底にあるからこそなんだろうなぁっと思いました。

 

 

そんなある日

私がFacebookを始めてから、しばらくしたら、T君と繋がったんです。

そして、近況を話し合ったりしたら

相変わらず、T君は小さなライブハウスで、ライブ活動を続けていて

地道にコツコツ音楽活動をしていたんですよねぇ。

続けていく中で、一緒に組むメンバーも変わってきてたようでしたけど

今のメンバーになって、自分で作詞作曲ボーカルをやるようになったみたいでね。

 

Facebookで、ライブの模様が投稿されるたびに

頑張ってるなぁ~って思っていたんです。

 

そしたらね。

去年の11月に、晴れてメジャーデビューすることが決まって

デビューアルバムを発売することが出来たんです!

 

それを記念して、色々なラジオ番組にも出演していたんですけど

「稀にみる52歳にしてのメジャーデビュー!」

っと毎回言われていました(^▽^;)

 

でも、何歳であろうと、夢を叶えられたのって

やっぱり、凄いなって感じましたよ。

もともと、メジャーデビューを狙っていたわけじゃなかったようですけど

 

「インディーズのままでも、ライブが出来て音楽活動を続けていられればいい」

そんな純粋な想いだけでやっていたことが認められて

プロの世界に足を踏み入れられたんですから

好きで続けて貫き通すことって

将来に何を生み出すかわからないものだなって思いました。

 

そんなT君のバンドが↓こちらです。

 

Heaven knows

Heaven knows

 

 

 

Cloud sky

Cloud sky

  • FIX
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

片手で生まれた猫 たまじの唄

片手で生まれた猫 たまじの唄

  • FIX
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

ちなみに↓こちらが「FIX」のHP

www.t-a-k-u.com

 そしてボーカル担当のT君のブログ↓

ameblo.jp

 

まぁ、メジャーデビューしてからが、また大変なんでしょうけれどね。

 

あの浜田省吾さんも、デビューしてから数年は苦悩と葛藤の日々だったようですし

モチベーションを維持していくのも大変だと思います。

CD制作会社の意向もあるでしょうから

自分の意志だけでは、進めていけないことも出てくるでしょうからね…。

 

それでも「音楽が好きだから」

その気持ちだけで、ここまで続けてこれた人だから

今後も頑張ってほしいなっと、同級生としては思うわけなんです。

 

 

 

同級生と言うか…。元彼なんですけどね(;^ω^)

 

 

結局、何が言いたいかというのは

誰に対しても

自分が好きでやっていることを、誰の目も気にすることなく

損得勘定抜きで、純粋に続けてほしいなっということなんですよね。

それは、私自身に対しても言い聞かせていることです。

 

「ただ好きなだけ」で続けてこれた人は、やっぱり強いです。

そこにある信念が揺るぎないですからね。

そういうものがあるのって

ある意味、自分の武器になっているって思います。

 

っということで、夢を叶えた同級生を見ていて感じたことでした(*^_^*)