スポンサーリンク

ON THE ROAD~プチひきこもりの明日に架ける橋

バツ2の私が経験を元に、色々綴っています

チャレンジャーで居続けることは難しい。だから自由にいこう!そして「はてなスター」を外す

スポンサーリンク

f:id:bluesky-18-tt:20190422210158j:plain

 

今日は、まずは今年で31歳になった息子の話から。

その息子というのは、小さい頃はひ弱な子で、人見知りは激しかったし、すぐ泣くし

私にベッタリで、私の姿が見えないと泣き喚くような軟弱な男の子だったんです。

こんなんで大人になったら、ちゃんと生きていけるのかしら?っと心配していたくらい。

 

そんな息子が少しずつ変わり始めたのは

子供達の父親である最初の夫と離婚して、母子家庭になったあたりからでした。

家庭の中に、男が自分1人しかいないということもあり

自分が妹を守り、母親を支えていかなきゃいけないという気持ちが芽生えたようで

高校の頃には、もう別人のようになっていて

今では、ホリエモン並みの強靭なメンタルを持ち、チャレンジ精神も旺盛で

恐い物知らずで、相手かまわず誰にでも、何にでも向かっていく大人になったんです。

 

その成長過程には、息子の小学校時代の担任や、高校時代の担任から受けた影響もあったんですけれどね。

二人の担任の教師達が、父親代わりのように、男としての生き方や

世の中は食うか食われるかの2つしかないんだから、強くなるしかないんだということを教えてくれたようでした。

 

お陰で、もう、この子誰の子? その性格うちの血筋じゃないよー!っと思うくらい

超ポジティブで、逞しくなった息子ではあるんですけれど

当時の私や元夫に対して、息子なりに、あるイメージを抱いていたようでね。

2年くらい前に、息子がブログに投稿していた記事を読んで

私達元夫婦は、息子から、こんな風に思われていたのかぁ~っということを知ったんです。

 

 

 

 小学3年生の夏

母親と妹と3人での新しい生活が始まり、夏休み終わりの新学期からは

新しい学校での生活が始まるというモダンでキューティクルなストーリー。 

 

今思えば、29歳にしては両親ともに、なかなかドラマチックで
エキサイティングな濃厚な時間を過ごしていたのだなと尊敬に値する。

 

30歳からの2人の人生を見ていると、それぞれ激動の30歳代を過ごしていたので
自身が社会人になってから出会う、先輩や上司、年上の人の20〜30歳代を見ていても、なんだかヌルい連中だな。

これが大人なのか?と思っていた。

 

どいつもこいつもガキみたいな大人ばかりで
全然社会を生きるピリピリ感がない、緊張感がなく
腑抜けた無能な連中ばかりだなと。

 

そんな事で両親の人生は一つの反面教師でもあり

今でも二人の人生のその時々の年齢に己を重ね合わせると

まだまだチャレンジが足りないなと思い反省する。
人生はもっとアクティブに破壊的に、20歳代をジェットコースターのように楽しめるはずだと。

 

 

自分では破壊的に人生を歩んできたわけではなかったけれど

もしかしたら、あの時代で言うならば、当時の私は今の息子と同じで

恐いもの知らずで、イバラの道でもガンガン突き進んで、無謀な人生を渡り歩いていたんだと思うと

それは若さゆえ出来る行動だったんだろうなぁっと感じたりしました。

 

 そして、そんな風に若い頃のイメージがあるせいなのか?

未だに、息子としては、私にチャレンジし続ることを求めるんですよ。

 

そう、今日の本題は、ここから!

 

まぁ、親として輝き続けてほしいという想いも、そこにあるんでしょうけれどね。

でも、たくさん病気も抱えてしまうと、若い頃のようにはいかずで

何か新たなことにトライするにも、凄いエネルギーを使うので、途中で電池切れになりそうにもなるんです。

 

はてなブログを始めたのも、もともとは何か討論してた時に息子から

「努力もせずに、出来ない言い訳を考える時間があるなら、ネットを使って1円でも稼いでみれば?」っと言われて

くそ~~言ってることが当たってるだけに、なんも言い返せなーい!っと思い

自分で色々調べて、Googleアドセンスにチャレンジするしかない!っと考えて始めたようなものでした。

 

でもね。

はてなブログを開設してみたら、エリート集団ばかりいて、論文みたいだったり、研究発表みたいな記事だらけで

私とは世界が違うわ。こりゃ完全アウェイだわぁー。

って言う印象が強かったんですよ(^_^;)

こんなところで、私に何が出来るだろう?って、もうチャレンジどころじゃなくて

違和感しかない世界観(笑)

 

だけど、とにかく結果を残さないとと思って

私なりに工夫して、審査に受かるように

少しでも役立つ情報なおかつ独自性のある記事を投稿してたんです。

毎度、こんなんでいいのかなぁ?って思いながら

ホント、底辺であっぷあっぷしてるような状態でしたよ(笑)

周囲から嘲笑われてる感を背中に受けながら、審査が受かるまで我慢我慢と思ってね。

 

そうしたら、こんな私の拙いブログでも、何とか1発で受かったので

ホント、ホっとしちゃって、気が緩んでしまった感じでした(笑)

そうなってくると、自由に記事を書きたい気持ちの方が強くなってきちゃってね。

 

もともと、目次つけたり、見出しつける書き方が苦手で

まぁ❝この記事に関しては目次や見出しは必要だな❞っと思うものにはつけれましたけれど…。

通常は、そういう枠にハマらずに、自由に書いていたい主義でね。

 

たぶん、息子からしたら、審査に受かったんだから

これから、もっと頑張れって思ってると思うんですけれどね。

もう、とりあえず1円は収益出たんだし、そんな焦らなくてもいいじゃん!

っていう気分になってしまっているんですよねぇ(;^ω^)

 

私なりに、アウェイの世界で頑張ったつもりだし

ちょっと、ゆっくりさせてよ~っていう感じ。

若い頃のように、チャレンジャーで居続けれないよ~ってね。

 

なので、これから先は、お役立ち情報であろうとなかろうと

気にせず綴っていくと思います。

もう、アクセス数とかね。そういうの関係ないです。

独り言綴ってる感じで良いわけなんですよね。

好きなドラマのことを振り返ったり、浜省のことを振り返ったり

趣味のセルフネイルのこと綴ったり、自分の好きなことを綴っていく中で

それで本当に読みたいって思ってくれる人だけが読んでくれたら

それで充分かなぁ~って(*^^*)

 

 

そして、それと同時に

はてなスターの在り方についても意味を感じられなくなったので

取り外してしまうことにしました(^O^)

 

※追記

はてなスターを外した詳しい理由については↓こちらの記事で触れています。

www.bluesky18-tt.work

 

っということで

私も自分が読みたいなっと思う記事を読ませてもらいにいきますね(^o^)/