ON THE ROAD~プチひきこもりの明日に架ける橋

バツ2の私が経験を元に、色々綴っています

2019年度 春ドラマ

f:id:bluesky-18-tt:20190418004732j:plain

 

私は昔からドラマが好きで、新しいドラマがスタートすると、気になるものをチェックして

初回の放送を見て、その後見続けるかどうするか決めるんですけれどね。

最近はギャオやティーバーなどで、見逃し配信で見る機会が多いんですが。

 

今期の春ドラマで、初回放送を見て、面白い!ジワリとくる!っと思ったものがあるので、いくつかピックアップしてみようと思います。

 

月曜日放送

  • 窪田正孝主演「ラジエーションハウス」

◎窪田正孝が演じる総合病院に勤める型破りの放射線技師が、病の写真家として、見えない病を見つけだし命を救う物語。

 

今まで医師を主役にしたドラマは数多くありましたけれど

このドラマでは、放射線技師にスポットを当てていて

放射線技師から見た医療の現場や、患者と向き合う姿勢が描かれていて、新しいなと感じましたねぇ~。

チーム内のやり取りもジョーク交えていて面白いですし、和久井映見が、のほほーんとした医院長を演じていて、ほのぼの感ありーの。

チームのボスを演じる遠藤憲一が、何だか冴えないオジサンという感じなんですけれど、ここぞという時には、いい味出すみたいな!

真剣なシーンもあり、ストーリーにメリハリがあって楽しめました。

 

木曜日放送

  • 二階堂ふみ主演「ストロベリーナイト・サーガ」

◎二階堂ふみが演じるノンキャリアながら27歳で警部補に昇進した女性班長の刑事・姫川玲子と、亀梨和也演じる姫川の部下となる巡査部長・菊田和男らが、とてつもない凶悪事件に立ち向かっていく物語。

 

このドラマは、数年前に竹内結子が主演を演じて放送されましたけれど

今回のドラマは、そのリメイクというより、発表されていない他の事件のエピソードを綴っていく内容みたいでした。

初回は前作同様「ストロベリーナイト事件」の様子が描かれていたんですけれど

真の真犯人が犯行に及んでしまった、その生き様や過程が、なんか切なかったですねぇ。

姫川自身が犯人と同じトラウマを抱えて生きてきただけに、やるせない想いをしたりしてね。

何かにつけて姫川を敵対視する刑事役が、今回江口洋介でしたが、江口洋介が演じると意地悪な役でも、カッコ良く見えてしまうので困ります(笑)

でも、意地悪そうに見えて、これが意外と姫川のことを、よく理解していて案じてくれているんですよねぇ。

そういうところが、またナイス!

 

金曜日放送

  • 山下智久主演「インハンド」

◎山下智久演じるロボットハンドの義手を持つ天才科学者・紐倉哲が、難事件をアッと驚く方法で解決する物語。

 

これは、メチャクチャ面白かった!

数分に一度は、声出して笑ってしまった!

変わり者すぎて偏屈な科学者を、山ピーが見事に演じていて

そんな山ピーを手伝う濱田岳演じる熱血助手との掛け合いも、漫才しているように思えて面白かったし

そうかと思うと、山ピーが犯人に向けて投げかける言葉が、感動的でグッときたりしてね。

そして、捜査依頼をするのが菜々緒演じるクールな美人官僚なのだけれど

その3人が織りなす悪との闘いも見どころ。

 

  • 西島秀俊・内野聖陽主演「きのう何食べた?」

◎西島秀俊演じる料理上手な弁護士と、内野聖陽演じる美容師の男性カップルが、同居しながら、食卓を通して穏やかに流れる日常を、ほっこりと描いている物語。

 

このドラマも、メチャクチャ笑えた!

些細な日常を描いているのだけれど、二人がゲイであるというところがミソ

内野聖陽が女型で、話し方やヤキモチの妬き方が女性らしくて可愛くてね。

西島秀俊は弁護士ということもあってか?

世間体を気にしていて、ゲイであることがバレないようハラハラしてる姿が、少し滑稽なシーンも出てきたりして、そこが面白い。

毎回、色んな料理のレシピなども披露していて、勉強にもなって見どころ満載なドラマでした。

 

土曜日放送

  • 高橋一生主演「東京独身男子」

◎人並み以上の容姿を持ち、スペックも高く、独身ライフを満喫していた「あえて結婚しない男子」(AK男子)3人が、ある事情から、突然婚活を始めて恋愛荒野に乗り出した、こじらせ独身アラフォー男子を、面白おかしく描いた物語。

 

自信過剰すぎた男たちの「東京たられば娘」版みたいなストーリーでしたけれど

なんでしょうか?

昔やっていた「男女七人夏物語」を彷彿させるような、懐かしい匂いを感じさせるところがありました。

男に結婚適齢期はない!と豪語して余裕こいていたら、思いっきり恋愛にスベリまくる点が面白かったりしてね。

でも、高橋一生が好きだった彼女の本心を読むことが出来なくて、本当は唯一無二の存在だったのに手の届かない人になってしまうシーンが切なかったです。

まぁ、それには次の展開があって、挽回できそうな兆もあるんですけれどね。

先行きが、どうなっていくのか気になるドラマでした。

 

日曜日放送

  • 原田ともよ・田中圭主演「あなたの番です」

◎原田知世・田中圭が演じる、とあるマンションに引っ越ししてきた新婚夫婦の周囲で、次から次に人が死んでいき、その原因が住民の間で行われたゲームだったということから、疑心暗鬼の渦にのみ込まれながらも連続殺人の謎に挑む物語。

 

これはミステリーですけれど、もう最初から出てくる出演陣の表情が不気味で恐い!

何かを含んでいる表情で、それぞれに秘密を抱えている様子が伺えて

初回は、竹中直人が演じる性格の悪いマンションの管理人が、謎の死を遂げるところで終わりましたけれど

ゲームに参加してしまった住民のうちの誰かが、次の番になると予測できてしまって

次は誰の番なのか?と思うと、忍び寄る陰に追われる感じがして恐いという。

でも、恐い物見たさで、次の展開が気になって見たくなるドラマでした。

 

 

そして、まだこれからスタートするドラマで見たいと思っているのは

  • 松岡昌宏主演「家政婦のミタゾノ」
  • 古田新太主演「俺のスカートどこ行った?」
  • 福山雅治主演「集団左遷‼」

 

「家政婦のミタゾノ」は、シリーズ3作目で

松岡昌宏演じる家政婦のミタゾノが、派遣された先の家庭に潜む問題をのぞき見して

家の汚れだけでなく、そこに巣喰らう根深い汚れまでも

スッキリ解決していく物語で、以前から面白いドラマということもあって

今回も楽しみにしているんですよ。 

 

っということで、今年度のおススメ春ドラマのご紹介でした(*^_^*)