ON THE ROAD~プチひきこもりの明日に架ける橋

バツ2の私が経験を元に、色々綴っています

湖を眺めながらくつろげる空間・公式テーマパーク「ムーミンバレーパーク&メッツァビレッジ」


今日、東京は、だいぶ春らしい陽気になり暖かい1日でした。

このまま、この陽気が続くと良いですよね!

さて、昨日はお出掛けお勧めスポットの「あけぼの子どもの森公園」について、ご紹介しましたが。

 

www.bluesky18-tt.work

 

今日は、その近くに今年の3月にオープンした、公式の「ムーミンのテーマパーク」について、ご紹介したいと思います。

 

「ムーミンバレーパーク」

 

初の公式テーマパークということで、スナフキン好きな私としては、去年から完成するのを楽しみに待っていたんですけれど

去年11月には「バレーパーク」の入口に続く道沿い

無料で入場できる「メッツァビレッジ」という公園もオープンしていました。

両方とも埼玉県飯能市にある宮沢湖を取り囲むように出来ていて

湖を眺めながら、園内を散策して楽しめるんです。

 

「メッツァビレッジ」には北欧風の雑貨屋さんや、地元野菜・工芸品店などのお店があったり、カフェやレストランなどの飲食店があります。

 

↓私は、その中にあるカフェ「ノルディックス」で、クリームパスタとコーヒーを注文して食べました。

●パスタ 1000円  ●コーヒー 200円

f:id:bluesky-18-tt:20190405201733j:plain

 

他にも物作りを楽しめるワークショップや、湖で遊べるレンタルボードがありました。

広場では、期間ごとにイベントもあり、私が行った時には「北欧市」が開催されていました。

湖畔周辺には桜も咲いていて、4月7日(日)まではライトアップもされているそうです。

そういう感じなので「メッツァビレッジ」だけでも、充分楽しめるかもしれません。

 

「メッツァビレッジ」の営業時間は

平日も土日祝日も、10:00~21:00です。

 

 

そして、メインでもある「ムーミンバレーパーク」について。

 

f:id:bluesky-18-tt:20190405202641j:plain

 

こちらは入口に「本のゲート」があり、そこを潜り抜けて行くと、チケット売り場があります。

 

↓本のゲート(ムーミンとスナフキン。他のキャラクターのゲートもあります)

f:id:bluesky-18-tt:20190405202738j:plain

f:id:bluesky-18-tt:20190405202753j:plain

 

バレーパーク内に入ると、パンケーキレストランやショップなどがあり

そこのエリアを抜けると、1番最初に見えてくるのが「水浴び小屋」です。

ここは記念写真を撮影するスポット的な場所でもありました。

湖を、より身近に感じられて気持ち良かったですよ。

 

↓「水浴び小屋」

f:id:bluesky-18-tt:20190405203313j:plain

 

その奥に行くと「エンマの劇場」が見えてきます。

このステージでは、1日3回ショーが上映されています。

ムーミンたちが出てくる唯一の場でもあるので、見逃したら損ですよ~。

 

↓「エンマの劇場」

f:id:bluesky-18-tt:20190405203902j:plain

f:id:bluesky-18-tt:20190405204015j:plain

 

「エンマの劇場」の隣には「コケムス」という建物があり

その中には、ムーミンの作者❝トーベン・ヤンソ❞やキャラクターの展示場・キャラクターショップ・レストランなどがあります。

 

レストランは、昼時はかなり混雑していて、並んで整理券を貰わないといけなかったので、時間を避けた方が良いかもしれません

 

↓展示場では、記念写真を撮れるコーナーもありました。

f:id:bluesky-18-tt:20190405205342j:plain

f:id:bluesky-18-tt:20190405205317j:plain

 

↓ムーミン村のジオラマもあり、ムーミンの世界観を見事に再現していました

これは感動します!!

f:id:bluesky-18-tt:20190405205532j:plain

 

そして「コケムス」の隣には「ムーミン屋敷」があります。

中にも入って探索できるようになっていますが、別料金1000円かかります。

(私は外から眺めるだけで充分だったので、入りませんでした・笑)

 

↓「ムーミン屋敷」

f:id:bluesky-18-tt:20190405210231j:plain

 

「ムーミン屋敷」の隣には「リトルミイのプレイスポット」があり

参加型シアターになっていますが、こちらも別料金700円かかります。

その隣には「海のオーケストラ号」というアトラクションがあり

船に乗って迫力満点の映像が見れるようになっていますが、ここも別料金1000円かかります。

 

(私は、両方とも、あまり興味がなかったので入りませんでした・笑)

 

そして、そこを通り過ぎて、どんどん奥に行くと、途中で湖の上を滑走する

「ジップライン」が見えてきます。

(ジップラインというのは、木々の間に貼られているワイヤーロープをプレリーという滑車を使って滑り降りる遊びのことです)

こちらも別料金1500円かかります

子供達や若い人達が、それで滑って遊んでる姿は楽しそうでした。

私は、もう歳だったので挑戦しませんでした(笑)

 

そして、その近くに山道へと進む道が出てくるので、そこを登って行くと

全て木で作られたアスレチック「ヘムレンさんの遊園地」がありました。

子供達が遊ぶのには、もってこいの場所でしたよ。

 

↓「ヘムレンさんの遊園地」

この他にも、手で押すメリーゴーランドもありました。

f:id:bluesky-18-tt:20190405212808j:plain

f:id:bluesky-18-tt:20190405212832j:plain

 

秘密基地みたいで、大人でもこれで遊びたくなりますよねぇ。

 

そして、山道を降りて行き、1番奥に辿り着くと

「スナフキンのテント」が設置されてありました。

 

↓「スナフキンのテント」

ここで焚火をしながらギターを弾いているスナフキンの姿が、目に浮かんできそうでした。

f:id:bluesky-18-tt:20190405213349j:plain

 

そして行き止まりになるので、ユータンをして戻ってくると帰り道の途中に

「灯台」が見えてきます。

 

↓「灯台」  湖沿いに建っているので、本物の灯台に思えます。

f:id:bluesky-18-tt:20190405213746j:plain

 

おおまかなスポットは、このような感じでした。

 

そうそう、歩いている道中、ミニスナフキンと遭遇したんです(*´▽`*)

おばあちゃんが全部衣装を作ってくれたそうで、コスプレがとても様になっているイケメン君でした。

f:id:bluesky-18-tt:20190405214123j:plain

 

「ムーミンバレーパーク」の詳細については↓こちらのホームページを、御覧になってみて下さいね。

 

metsa-hanno.com

 

「ムーミンバレーパーク」の営業時間は

平日も土曜祝日も 10:00~20:00です。

 

入場料金は

大人  1500円

子供  1000円(3歳以下は無料)

 

アクセス方法については

 

◎電車では

飯能駅からお越しの方

  • 西武池袋線 「飯能駅北口」1番乗場より
    「メッツァ」行き直行バス(国際興業・西武バス・イーグルバス運行)及び
    「メッツァ経由武蔵高萩駅」行き路線バス(イーグルバス運行)、
    メッツァ停留所(旧 宮沢湖停留所)下車(所要時間約13分)

 

東飯能駅からお越しの方

  • JR八高線「東飯能駅東口」2番乗場より
    「メッツァ」行き直行バス(国際興業・西武バス・イーグルバス運行)、
    メッツァ停留所(旧 宮沢湖停留所)下車、(所要時間約12分)

 

車では

  • 狭山日高インターチェンジから県道262号線経由5.4km(約12分)
  • 青梅インターチェンジから県道218号線経由約11km (約30分)
  • 飯能駅北口から宮沢湖入り口まで約3km(約10分)

 

地図は↓こちらです。

 

 

っということで、お花見やゴールデンウィークなどお出掛けする際に

参考にしていただけたら良いなっと思います(*^_^*)