ON THE ROAD~プチひきこもりの明日に架ける橋

バツ2の私が経験を元に、色々綴っています

反則技の可愛さ♬ これが猫の習性がなせる業なのだろう

昔から、赤ちゃんと動物にはかなわない!と言われていますけれど。

我が家の王子様・猫のノア君の行動を見ていると、それを実感します(*^▽^*)

猫って狭い所が大好きだったり、袋や入れ物があると入りたがったりして

目を離した隙に、気付くと凄い格好で、その場所に居たりするんですよねぇ(笑)

 

いったい、どうやって入ったんだい?

自分の体のサイズ、わかってないでしょ?

と、その姿を見るたび、プっと吹き出しながらも感心するんですよ。

 

f:id:bluesky-18-tt:20190227235606j:plain

 

そして、ノア自身は平然とした顔をして

「何か、問題でも?」と言っているような表情で、私のことを見つめるんです。

とてもとても「君の体の幅が大きすぎて、箱の形が崩れちゃってるじゃん」なんて言えません(笑)

 

↓こんなに窮屈そうでもね(^○^)b

f:id:bluesky-18-tt:20190227235724j:plain

 

↓こんななやましい目で見られたら「下半身、全部外に出てるよ」だなんて、なおさら言えません(笑笑)

f:id:bluesky-18-tt:20190227235649j:plain

 

本人は全く気付かず、収まっていると思って安心しきっていますからね!

 

でも、こういった猫の習性って不思議ですよねぇ。

誰が教えたわけでもないですし、本能なんでしょうね。

「そこに気になるスペースや、袋やカゴがあったから」

って、ただそれだけなんでしょうねぇ。

 

f:id:bluesky-18-tt:20190227235741j:plain

f:id:bluesky-18-tt:20190227235822j:plain

f:id:bluesky-18-tt:20190227235803j:plain

 

我が家のノアは、太り過ぎているので、運動神経は鈍いんじゃないか?と思ったりしますけれど

いやいやどうして、これが意外に侮れなくて、ジャンプ力もあって機敏なんですよ(#^^#)b

なのでカゴの中にも一瞬で、ピョンとジャンプして入ってしまいますし

ロフトを昇るハシゴも、素早く駆け上がったり下りたりするんです。

見ていると、やっぱりさすが猫だなって思うんです(笑)

 

そうした一連の動きって、計算されていない分、自然体でやっている行動なので

とても可愛く思えてきて、愛しく感じられちゃうんですよね(#^.^#)

人間で言うならば、天然って言う感じですかねぇ?

普通にしているだけのことなのに、それだけで可愛く見えてしまうなんて

ちょっと卑怯で反則技だなって感じたりしますよね(笑)

 

悪戯していても、そこに悪意もないから微笑ましく思えますし

赤ちゃんと一緒で、全てが許されてしまうと言う。

 

でもね。

赤ちゃんは成長すると、段々と自我が芽生えてきて、ちょっと生意気になってきたりして、可愛げも薄れてきますが(^-^;←子育てで格闘してきた経験者は語る(笑)

動物の場合は、どんなに大人になっても変わらないんですよね。

そこが、またメロメロになってしまう要素でもあります(*´▽`*)

 

我が家のノアも、今年の5月で8歳になるので、人間で言うと50代半ばになるんですよ。

でも、飼い始めた頃の生後3ヵ月の頃と、全く変わらないんです。

いつまでたっても甘えん坊ですし、嬉しいと、すぐ喉をゴロゴロ鳴らして素直ですし

小さい頃からの習性で、眠くなると柔らかい布などを、フミフミして揉んだりして眠りについたりするんです( *´艸`)

このフミフミ揉む行為って、赤ちゃんの頃に母猫のお乳を揉んで、母乳が出やすくするための習性みたいですよね。

その名残が、その後も続いてると言う。

その姿が、また凄く可愛いんです!

もう、50代半ばなのに!(笑)

 

そんな風に動物は、いくつも反則技を持っているんですよねぇ。

 

↓これなどは、どうやっても、そこの中には入れないでしょー

っと思うんですけれど、無理矢理入ろうとして頭だけ突っ込んでいる状態なので笑えます。

f:id:bluesky-18-tt:20190227235914j:plain

 

ノアは頭は小さいのに体は大きいので、上から見るとホント「ツチノコ」みたいですけれどね(笑)

 

日々、そういったあの手この手の反則技の可愛さに癒され

脳内物質のセロトニンを、たくさん分泌させてくれて、幸せな気分にさせてくれて、ありがとうと感謝しています(*^_^*)